プロフィール

[HN] DuckWalk36
[血液型] A型
[住居] 大阪
[職業] 会社員

18歳で鉄工所に就職。

22歳で「梱包業」に弟子入りし、25歳で独立開業するも、36歳でリーマンショックにより廃業し、現在は大手運送会社に勤務中。

 

 

働くと言う事

家内制手工業と言う町工場という地域柄、幼少の頃から働く大人の人を直近で見て育ちました。

当時は、機械の音や油の匂いの中、男性はもちろん、おばちゃんもお姉さんも機械の前で油まみれになって働いていました。

もちろん実家も町工場で今でも現役です。

なので、「手に職をつければ食いっぱぐれが無い」と言う事を教えられて育ち、いつかは自分も親の仕事を継ぐんだと言う事を信じて疑わなかったのです。

高校を卒業し、縁故で親のお得意先に就職し技術を学びました。
いわゆる丁稚奉公です。

 

 

倒産を経験する

「親の事業を継ぐぞ!」と言う夢を見ながら丁稚奉公の鉄工所時代を過ごしていました。

そんなある日のこと、突然テレビのニュースでお得意先様が倒産したと言うニュースが流れたのです。

このお得意様は上得意様だったので、会社の行く先の不安から退職に至りました。

これが初めての「倒産」と言う経験でした。

3Kの仕事(きつい・汚い・危険)から解放された若造は、当時流行りだした「フリーター」になったのです。

人材派遣という業種が流行っていて、私も人材派遣に登録し、色々な業種にアルバイトとして派遣されました。

中でも続いたのは、ダイレクトメールのカタログなどを包装し発送する会社です。
こう行った業界は、1990年代に流行りました。

町工場で通販カタログや百貨店などのイベントごとのダイレクトメールを発送していましたが、近年では自社ビルを持つほどの大きな会社に成長していてびっくりしたほどです。

ちょうどその頃、阪神淡路大震災が起きて、街全体がひっくり返ってしまいました。
復興の為に手が欲しいというので、私もお手伝いをさせて頂いたのですが、想像を絶する現状が今でも記憶に残っています。

 

 

夢を再び

 

そんな時、梱包業を継がないかという声をかけて頂いたのです。

梱包業とは需要が少ない為に珍しく、特殊な業界となってしまいました。

その昔、コンテナというものがなかった時代は、荷物を運ぶ為に木箱に物を入れて運んでいたのです。

身近な物では日本酒などを入れる木枠や道具箱などもそうです。

ダンボールでは耐えきれない重たい物や大きなものを、それぞれの寸法に応じた木箱を作り、箱の中で商品が動かない様に押さえて梱包し、国内や海外へ発送する仕事です。

南港や神戸港が近い為に、貿易商品を梱包する仕事として存在していたのです。

この業種は、経済の最先端を行く業界なので、時代の移り変わりなどが手に取るようにわかり、仕事が楽しくて仕方ありませんでした。

例えば、工業用ミシンが大量に輸出される時期がありました。

それは、服飾関係の為のもので、ユニクロを代表とされる服飾関係の商品が、安くて良いものが出回る前兆だったのです。

プレス機の金型をよく梱包する時期もありました。
それは結果的に、携帯電話のフレームを作る金型だったのです。

そして、携帯電話が爆発的に普及していったのです。

これは面白い! これで一旗あげるぞ!と心に誓ったものでした。

 

 

独立開業

 

この仕事は面白い! これで一旗あげるぞ!と心に誓った青年は先々の不安よりも目に見えない自信に満ち溢れていました。

ところが世間とは冷たいものだったのです。

お得意先様を全て譲り受けて、引き継ぎのご挨拶も済ませているのにも関わらず、10年前の値段で交渉してくるお客様や、支払先に至っては、開店前からお店の前で集金にきていると言う始末。

近所の人は、遠回りに様子を伺いに来たりしてね。

何度もウチの周りを行き来する様は滑稽で面白かったけど。

だけど、冷静に考えたら25歳の若造が店を構えたとなると、周りは不安になるのは当然の事ですよね。

特に集金なんて支払ってもらえなかったら、おマンマ食い上げやし、信用がまだ無いのに不安になるのは当然の事。

石の上にも三年」と言うことわざにある通り、本当に3年かかった。

人の目ってこんなに厳しいんだと勉強した時期でした。

3年もするとようやく信用というものができて、少しづつ口コミでお客様を紹介して頂く事ができました。

その時はやっぱり嬉しかったね。

仕事が忙しくなると、仕事を終えた友達連中が来て、私の仕事を手伝ってくれたりして、友達ってありがたいって心から思えた時期でした。

独りで事業をしていた為に、全てをこなさなくてはいけませんでした。

営業、製造、販売、経理、引取り、配達。

まずは経理に関して学ぶのに、図書館へ行って勉強し、売上表などを作成する為に、エクセルを勉強したりと、物事一つ一つが楽しくて、充実していました。

ただ一つ、業務の中でこなせなかったものがありました。
それは「営業」です。

もちろん、チラシを作っては早朝や休みを利用して、近所の工場などにポストインして回ったり、配達途中で気になった店舗があれば飛び込み営業もしました。

初めての飛び込み営業は正直、ビビって怖いものがありました。

サラリーマンの方で飛び込み営業をされた事がある人は分かると思います。

実はこれってむちゃくちゃ効率が悪いし、制約につながる事なんてほとんどありえません。

何故なら人は「買わない」という思考が先に働くからなんですよね。
若い時はそれが全く分からなくて、門前払いされる飛び込み営業に嫌気がさしてくるのです。

人はやってみて効率が悪いと何かを考えるものですね。

そこで読んだ本は「詳解 セールスのキホン (ぜんにち経営実務選書シリーズ)」という本です。

新規開拓における作戦の展開方法や、訪問時の留意点など営業マンのノウハウを学び、今でもメモったノートが手元にあります。

そして、経営に関する本では「社長の売上戦略 (社長業全集)」が非常に勉強になり、色々なアイデアが浮かびました。

そして自分の力でホームページを作ったのです。

これが大きな集客につながり、事業を拡大させて行きました。

 

事業拡大

 

このようにして、大きなお得意先様が増えてき始めた頃、リーマンショックが訪れたのです。

ある日の事、お得意先様で重大なお話があると言う事で伺うと、「この先、発注できなくなり、私達もどうなるかわからない」と言う事でした。

この事だけを聞いて何が何だかわからず色々考えたあげく、私の出した答えは「辞めよう」だったのです。

「辞める」と言う事を関係者にお伝えすると、「何でや?!」と驚かれ、同業他社様の社長さんは、「仕事は人生や、ウチの軒下でやり直せ」とまで言ってくださったのですが、丁重にお断りさせて頂来ました。

このお言葉は有難く涙が出るほどだったのを今でも覚えています。
なぜなら、辞めると言ったものの、先の見通しもなく不安がいっぱいだったからです。

業界から去ってしばらくして「リーマンショック」と名付けられたのでした。

数年後、当時のお得意先様などに電話をすると、その後一年半くらい仕事が無く、職人を休ませたり解雇したりと大変だったそうです。

そこでやっと自分の判断は間違いではなかったと納得させる事ができたのでした。

でもその気持ちになるまでに4年も掛かってしまいました。

 

 

会社員

 

企業に属すると言う経験は初めてです。

会社員だからこそ学べると言うものがたくさんあります。

そう、私に足らないものが働きながら学べると言うのがありがたいと感じました。

当たり前の事なんだろうけど、その当たり前が出来ていないのですから。

それは「物事をきちんとする」と言う事です。

これって出来ているようで出来ていないんですよね。

全てを独りでこなしていた為に、効率を優先するがあまり、かなり手抜きをしていた事に反省しました。

横着をして手を抜く事によって、不具合が出たりして結果的に物事がスムーズにいかなくなり効率が悪くなるんですよね。

これは私にとって大きな反省点でした。

 

 

独立開業するなら

 

独立開業するならまずは会社員になって色々学ぶべきだと思います。

私は逆だったので非常にしんどい思いをしたけど、しんどかったからこそ身についたものがあると思います。

ちなみに妻は会社員から独立を果たしました。

どちらが楽に物事をスムーズに行えるかと言うと、会社員から自営業と言う流れをお勧めします。

なぜなら、会社員で知らず知らずに身についているものがあるからなんです。

簡単に言えば「モノの道理」が身に付くと言う事。

見えないルールを守る事で自分を守り伸ばす事ができるのです。

 

 

 

だけどまだ「夢」は諦めていません。

あの独立をしていた時に味わった「ホームページから注文を頂く」という事が、忘れられずにいるからなんです。

なので、その日を目標に日々努力中です。

 

2018/01/08